出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

平等院の菩薩像、切り離して見え方微調整か スキャンで判明

雲中供養菩薩像体部の垂直左側断面のエックス線CTスキャン画像。cの部分で上下に切り離し、背側に薄い板材をはめ込んでいる。中央は内刳り(奈良国立博物館提供)
雲中供養菩薩像体部の垂直左側断面のエックス線CTスキャン画像。cの部分で上下に切り離し、背側に薄い板材をはめ込んでいる。中央は内刳り(奈良国立博物館提供)

 平等院(京都府宇治市)は30日、鳳凰堂内の上部壁面に掛けられていた雲中供養菩薩(ぼさつ)像(国宝)のうち1体の調査で、上半身を前傾させるため、一木から彫って仕上げた像を腹部で切り離して微調整したことが分かった、と発表した。奈良国立博物館(奈良市)のエックス線CTスキャン調査で判明した。

 雲中供養菩薩像は平安中期の仏師、定朝(じょうちょう)の工房で制作された52体の群像。うち、雲に乗って鞨鼓(かっこ)を奏でる姿の「南14号」(高さ62・3センチ)を調べた。

 調査で、背面にある上半身と下半身の接ぎ目に、厚さ最大3・5ミリ、幅最大35ミリの薄い板材がかませてあることが分かった。体部は一木から彫り出した後、縦に二つに切り離し内刳(ぐ)りを施して接ぐ「割矧造(わりはぎづくり)」で仕上げており、その後に傾きを修正するため横に切って板材を加えたと推定している。

 一度完成した像を切り離すことは通常考えられず、調査した同館の山口隆介主任研究員は「実際に堂内に飾ってみるなどした結果、下から見上げた時の見え方から微修正が必要と判断したのでは」とする。

 また、大きな内刳りを施して胸部の厚みが約10ミリ、臀部(でんぶ)が4~9ミリ程度と特に薄く作っており、壁面に掛けるために軽量化を図ったとみている。

 山口主任研究員は「定朝以前に仏像制作でこの像に見られるような大胆な技法は例外を除いて見られない。(いくつかの木材を接いで仏像を仕上げる)寄木造を確立した定朝の工房ならではの技法ではないか」と話す。神居文彰住職は「高度な空間鑑定力と現代に通ずる工芸技術の光彩を改めて知ることができる」とコメントした。

 調査報告は山口主任研究員と同館の鳥越俊行保存修理指導室長が、今年の平等院の研究紀要「鳳翔学叢(ほうしょうがくそう)」で発表した。

【 2018年08月30日 23時50分 】

ニュース写真

  • 雲中供養菩薩像体部の垂直左側断面のエックス線CTスキャン画像。cの部分で上下に切り離し、背側に薄い板材をはめ込んでいる。中央は内刳り(奈良国立博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース