出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

田辺城跡発掘調査、本丸南側の石垣と堀初確認 京都・舞鶴

細川幽斎の頃の田辺城を描いた「田辺籠城図」。(大泉寺所蔵)
細川幽斎の頃の田辺城を描いた「田辺籠城図」。(大泉寺所蔵)

 京都府舞鶴市は13日、戦国武将で文化人の細川幽斎が築城した田辺城跡(同市南田辺)の発掘調査で、本丸南側の石垣と堀が初めて確認されたと発表した。石垣の一部は安土桃山時代に見られる積み方になっており、市文化振興課は「幽斎の時代に造られた可能性がある」としている。

 調査は、民間のマンション建設に伴って8月1日から約2カ月、田辺城本丸があった舞鶴公園の南約200メートルの約400平方メートルで実施。同城は織田信長に丹後国を任された幽斎が隠居用として1581~91年に築城した。城跡の発掘は31回目。

 発掘調査で、石垣は東西方向に約14メートルの長さで見つかり、一部で基底部から5段分(高さ約1・5メートル)が残っていた。比較的大きな石材が使われ、最大は横1・6メートル、高さ0・8メートル、奥行き0・7メートルあった。幅が広く奥行きが狭い石が並んでいる部分が、安土桃山時代に見られる積み方に似ているという。

 調査地の西端では石垣を補強する石が北に続いており、付近で石垣と堀が北に曲がっている古い絵地図と状況が一致している。西端部分の石垣の上部は固く整地され、絵図からも隅櫓(すみやぐら)などの構造物が築かれたとみられる。また堀は深さが約2メートルあった可能性があり、既に調査された周辺に比べて1メートル深かったことになる。

 市文化振興課の松﨑健太主事は「堀が深く大きな石材を使うなど丁寧な土木工事が行われている。当時の城の様子を具体的に知ることができる」と話す。現地説明会は15日午後1時半~2時半。無料。問い合わせは専用電話090(3163)2452。

【 2018年09月14日 16時30分 】

ニュース写真

  • 細川幽斎の頃の田辺城を描いた「田辺籠城図」。(大泉寺所蔵)
  • 今回の発掘調査地(囲んだ場所)=細川幽斎の頃の田辺城を描いた大泉寺所蔵「田辺籠城図」から
  • 田辺城本丸南側の石垣と堀の跡。石垣の上部は整地され、構造物の土台とみられる(舞鶴市南田辺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース