出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「#そすいいね」京都と大津、疏水で結ぶ観光船、秋の運行開幕へ

京都と大津を水路で結ぶ「びわ湖疏水船」(5月10日撮影、京都市山科区)
京都と大津を水路で結ぶ「びわ湖疏水船」(5月10日撮影、京都市山科区)

 京都と大津を水路で結ぶ「びわ湖疏水船」の秋シーズンの運航が6日から始まる。疏水沿いの紅葉を楽しむガイド付きのウオーキングツアーやフォトコンテストも実施される。

 琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会による「びわ湖疏水船」の秋の運航は、上りと下り合わせて1日9便運航する。予約は公式ホームページやファクスで受け付けている。大津-蹴上間の乗船料は通常期、繁忙期、トップ期によって異なり、4千~8千円。11月28日まで運航する。

 沿線ウオーキングツアーは2コースある。山科区を中心としたコース(実施日11月7、9、21、28日)は、JR山科駅から疏水沿いや毘沙門堂、安祥寺などを巡る。蹴上を中心としたコース(同11月8、9日)は、琵琶疏水記念館、無鄰菴、水路閣などを回る。

 「疏水ジェニックフォトコンテスト」は、琵琶湖疏水エリアで撮影した写真をツイッターやインスタグラムを通じて「#そすいいね」「#エリア名(岡崎、蹴上、山科、大津のいずれか)」のハッシュタグを付けて投稿するか、ホームページから申し込む。大賞は10万円分の商品券。実施期間は10月6日~来年1月31日。

 ウオーキングツアーの募集要項は10月10日ごろに公式ホームページに掲載する。びわ湖疏水船の予約はJTB京都支店075(365)7724。

【 2018年10月03日 23時29分 】

ニュース写真

  • 京都と大津を水路で結ぶ「びわ湖疏水船」(5月10日撮影、京都市山科区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース