出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

不登校、発達障害の高校生がトーク番組 FM放送で発信

番組でいじめや教育、学校などについて語り合うメンバー(京都府舞鶴市円満寺・FMまいづるスタジオ)
番組でいじめや教育、学校などについて語り合うメンバー(京都府舞鶴市円満寺・FMまいづるスタジオ)

 不登校の経験や発達障害がある京都府舞鶴市内の高校生が自分たちの気持ちや考えを発信しようと、10月から同市のコミュニティーFMでトーク番組を担当している。教育やいじめ、学校生活などがテーマでメンバーは「悩みやつらさを抱えている同世代に聞いてほしい」と話している。

 FMまいづるの「10代のトビラ」。通信高校1年ペタイムさん(16)がパーソナリティー、定時制高校1年セツナさん(15)、通信制高校1年モトヒロさん(16)、中学2年リョウさん(14)の3人がレギュラーを務める。4人は友人同士で、ペタイムさんが今夏にFMまいづるのパーソナリティー講座を受講した際、自分の発達障害についてラジオで話す企画を提案したのがきっかけで番組が実現した。

 これまでの放送では、メンバーが自己紹介し、テーマパークのダンサーになる夢や、不登校や学級崩壊の経験を通して現在の教育や学校を変えたいう思いをそれぞれ語った。このほど流された放送では各自がいじめの経験を話し、どのように向き合うか意見を交わした。

 ペタイムさんは「時間や会話の配分が難しいが、不登校や発達障害の当事者たちが自分の声で伝えることで少しでも考えや思いを理解してもらいたい」と話している。

 毎週金曜午後8時15分から15分間(再放送は毎週土曜午後9時15分)。過去の放送はFMまいづるのホームページで聞くことができる。

【 2018年10月29日 19時10分 】

ニュース写真

  • 番組でいじめや教育、学校などについて語り合うメンバー(京都府舞鶴市円満寺・FMまいづるスタジオ)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース