出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

学生手作り光の演出 JR東・西舞鶴駅前彩る

舞鶴高専の学生が手掛けたイルミネーション(舞鶴市浜町・JR東舞鶴駅前)
舞鶴高専の学生が手掛けたイルミネーション(舞鶴市浜町・JR東舞鶴駅前)

 舞鶴工業高等専門学校とポリテクカレッジ京都(京都職業能力開発短期大学校)の学生が手掛けたイルミネーションが20日、JR東舞鶴駅(京都府舞鶴市浜町)と西舞鶴駅(同市伊佐津)の駅前で始まった。工夫が凝らされた光の演出が夜の街に彩りを添えている。

 駅前のにぎわいづくりのため市が毎年実施。近年は両校が立案や製作などで協力している。

 舞鶴高専が担当した東舞鶴駅前では約5万個のLED(発光ダイオード)電球を使い、ツリーやハート形などを設置。駅の建物前には色が付いた板をたたくと頭上のボールが同じ色に光るゲームもある。電気情報工学科3年奥田真さん(18)は「例年にないものに挑戦した。さまざまな方向から見てほしい」と話している。

 ポリテクが担当した西舞鶴駅前では時計塔や木などにLED電球を配している。

 点灯は午後5時~午前0時。来年2月20日まで。

【 2018年11月21日 14時44分 】

ニュース写真

  • 舞鶴高専の学生が手掛けたイルミネーション(舞鶴市浜町・JR東舞鶴駅前)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース