出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

客室は京町家のイメージ 京都駅南側に京阪の新ホテル

12月1日開業予定の「ホテル京阪 京都八条口」(京都市南区)
12月1日開業予定の「ホテル京阪 京都八条口」(京都市南区)

 京都市南区東九条南山王町に完成した「ホテル京阪 京都八条口」の内覧会が27日に開かれた。観光やビジネスなど幅広い用途を想定した宿泊特化型で全234室。12月1日に開業する。

 京都駅や市営地下鉄九条駅から近い立地で、地上5階建て延べ約8360平方メートル。大型バス5台分の駐車スペースを生かして修学旅行などの団体利用も見込み、90%超の稼働率を目指す。

 京町家のイメージをモダンにアレンジしたという客室は窓に二重格子の障子が付く。宿泊客以外も利用可能な朝食営業のレストランや大浴場を備える。

 ホテル京阪は京都駅周辺では既に「京都 グランデ」(320室)を営業しているほか、2020年春にも京都駅南側で200室規模の開業を予定している。

 増山徳朗総支配人は「大阪万博の開催が決まり今以上に観光需要の盛り上がりが予想される中、集客に期待している」と話した。

【 2018年11月27日 22時42分 】

ニュース写真

  • 12月1日開業予定の「ホテル京阪 京都八条口」(京都市南区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース