出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

応仁の乱で武士酷使「ブラック企業のよう」 呉座氏が背景を解説

応仁の乱に大きな影響を与えた丹波地域の動きについて解説する呉座氏(亀岡市余部町・ガレリアかめおか)
応仁の乱に大きな影響を与えた丹波地域の動きについて解説する呉座氏(亀岡市余部町・ガレリアかめおか)

 ベストセラーとなった著作「応仁の乱」で知られる呉座勇一・国際日本文化研究センター助教の講演が22日、京都府亀岡市余部町のガレリアかめおかで行われ、応仁の乱で大きな影響をもたらした丹波地域の動きを解説した。

 呉座助教は、京都での戦闘が長期化し、いかに補給路を確保するかが勝敗の鍵となったと説明。「都に至る主要ルートだった丹波は最重要となり、東軍の細川方が激戦の末、死守した」と語った。

 また、応仁の乱後、丹波の武士が蜂起した「延徳の丹波国一揆」にも触れ、「細川家は財がなくなり、乱の時に酷使し、疲弊していた武士からさらに年貢を取り立てようとした。今でいう“ブラック企業”のようだ」と話し、一揆が鎮圧された後、細川家は内紛で弱体化したという。

 呉座助教は「東軍の勝利とされるが、細川家は何も得をしていない。勝者なき戦争だった。教訓は現代にも通じ、争いをできるだけ回避する努力が必要ではないか」と締めくくった。

【 2018年12月23日 13時48分 】

ニュース写真

  • 応仁の乱に大きな影響を与えた丹波地域の動きについて解説する呉座氏(亀岡市余部町・ガレリアかめおか)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース