出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ボクシング拳四朗、武豊騎手ら表彰 関西スポーツ賞表彰式

関西スポーツ賞の表彰式で記念撮影する受賞者(大阪市内のホテル)
関西スポーツ賞の表彰式で記念撮影する受賞者(大阪市内のホテル)

 関西運動記者クラブが選定する第62回関西スポーツ賞の表彰式が21日、大阪市内で行われた。世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級で5度目の防衛に成功した拳四朗選手(BMBジム、京都府城陽市出身)ら9人と2団体の受賞者に記念のトロフィーが贈られた。

 式典には、プロが対象の特別賞を受賞した拳四朗選手をはじめ、デビュー32年目でJRA通算4千勝を達成した武豊騎手(京都市伏見区出身)らが出席。柔道の世界選手権で初優勝した阿部詩選手(夙川学院高)や、高校野球で史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭高から根尾昂選手らも祝福を受けた。

 受賞者は壇上であいさつし、拳四朗選手は「今年も勝ち続けるのはもちろん、(他団体との)統一戦にも挑戦していきたい」と抱負を述べ、武騎手は「昨年は自分では満足できる結果ではなかったが、充実した1年でもあった。今年もしっかりと結果を出したい」と語った。

 このほか、都市対抗野球で初優勝した大阪ガス、大阪国際女子マラソンを制した松田瑞生選手(ダイハツ)らも晴れやかな表情を見せた。

【 2019年01月21日 20時58分 】

ニュース写真

  • 関西スポーツ賞の表彰式で記念撮影する受賞者(大阪市内のホテル)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース