出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「刃物で一方的に切り付け」と検察冒頭陳述 路上殺人で初公判

京都地裁
京都地裁

 京都市伏見区の路上で2017年の大みそかに男性2人が刺されて死傷した事件で、殺人と殺人未遂罪に問われた中村正勝被告(51)の裁判員裁判の初公判が23日、京都地裁(齋藤正人裁判長)で開かれた。中村被告は「身を守るために反撃した」と正当防衛を主張した。重傷を負った大津市の男性(46)は証人尋問で「刃物を振り払おうとしたが猛反撃され、自分をかばおうと手を広げた(被害者の)猪飼将希さんが胸を刺された」と話した。

 起訴状によると、17年12月31日午後3時ごろ、伏見区肥後町の路上で、大津市のアルバイト猪飼さん=当時(27)=の胸を所持していた小刀で突き刺して殺害し、猪飼さんの知人の同市の男性にも殺意を持って切りつけ、全治5週間のけがを負わせたとしている。

 検察側は冒頭陳述で、被告と男性の長女(22)は職場の元同僚で、金銭トラブルなどがあったと指摘。被告は刃物で一方的に切りつけており、正当防衛は成立しないとした。一方、弁護側は、男性が猪飼さんら仲間を引き連れて被告の自宅に押しかけてきたと主張。「身を守るためにやむを得ない行為だった」として正当防衛を主張した。

【 2019年01月23日 20時41分 】

ニュース写真

  • 京都地裁
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース