出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

白菜と塩豚のクリアスープ <旬の献立を探しに>

白菜と塩豚のクリアスープ
白菜と塩豚のクリアスープ

<旬の献立を探しに 小平泰子>

 ごく弱火で気長に煮るのがポイント。白菜以外にも白ネギやカブなど、白い野菜との相性が良いです。冷やご飯を加えて雑炊にしてもおいしいです。

 【材料】(4人分)

白菜(一口大に切る) 1/4個

豚ばら肉(ブロック) 500グラム

白ネギの青い部分(臭み取り用) 1本分

おろししょうが 1片

塩 小さじ1/2

水 1.2リットル

 【作り方】

(1)豚ばら肉を3等分に切り分け、表面に塩をすり込み、2時間ほど置く。キッチンペーパーなどで表面の水気を拭き取り、鍋に水と白ネギの青い部分とともに入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、途中、あくをすくいながら1時間ほど煮る。

(2)鍋を火からおろし、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やし、脂が固まったら、穴あきお玉などできっちり取り除く。白ネギの青い部分も鍋から取り去る。

(3)再び火にかけ、温まったら白菜を加えてしんなりするまで煮る。おろししょうがの搾り汁を加えて火を止める。

(4)豚肉を取り出して好みの厚さに切り分け、器に白菜とともに盛り、汁を張る。

 ◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan

【 2019年01月25日 21時59分 】

ニュース写真

  • 白菜と塩豚のクリアスープ
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース