出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

柿渋マスク、薬膳カレー…体にいいものずらり 京都・木津川

地元の事業者が自慢の技や味をアピールしている「木津川市ものづくりフェア」の会場(京都府木津川市相楽台・イオンモール高の原)
地元の事業者が自慢の技や味をアピールしている「木津川市ものづくりフェア」の会場(京都府木津川市相楽台・イオンモール高の原)

 京都府木津川市内の商工業をPRする「木津川市ものづくりフェア」がこのほど、同市相楽台のイオンモール高の原で始まった。「体にいいもの」をテーマに、伝統産業製品や食品など自慢の技やアイデアを生かした品々が並んでいる。

 市と市商工会の主催で6回目。多くの人にアピールしようと、買い物客でにぎわう同店で初めて開いた。

 8業者が出展した。抗菌や防臭、静電気防止効果のある柿渋で染めたマスクや、織物壁紙といった伝統産業を現代に生かした製品のほか、地元の旬の野菜を使った薬膳カレーや、自然の素材にこだわったスイーツもあり、買い物客らが足を止めて品定めしていた。

 28日まで。会期中は健康測定や石けん作り体験などの企画も日替わりである。

【 2019年01月27日 20時10分 】

ニュース写真

  • 地元の事業者が自慢の技や味をアピールしている「木津川市ものづくりフェア」の会場(京都府木津川市相楽台・イオンモール高の原)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース