出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

民泊責任者が代金975万円横領 「生活費や飲み代に」男追送検

京都府警下京署
京都府警下京署

 京都府警下京署は19日、業務上横領の疑いで、東京都荒川区西日暮里4丁目、元不動産会社社員の男(41)=背任罪で起訴=を追送検した。

 追送検容疑は、2017年2月~18年6月、当時勤務していた京都市下京区の不動産会社で、同社が管理する民泊施設の売上金計975万円を着服した疑い。

 下京署によると、男は当時、民泊事業の責任者で、宿泊予約や売上金の管理を担当していた。「横領した金は、生活費や飲み代に使った」と容疑を認めているという。

【 2019年02月19日 19時40分 】

ニュース写真

  • 京都府警下京署
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース