出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京阪バスが値上げへ 八幡や京田辺の路線で平均7・3%

京阪ばす
京阪ばす

 京阪バス(京都市南区)は11日、京都府八幡市や京田辺市の路線バスの運賃を平均7・3%値上げする改訂の認可を受けたと発表した。4月1日に実施する。

 2006年に合併した京阪宇治交通と京阪宇治交通田辺のかつての運行路線を対象に、他の京阪バスの運賃体系に合わせる。初乗り運賃を引き上げる一方、長距離運賃を下げる。

 京阪八幡市駅と樟葉駅(大阪府枚方市)の周辺区域で200円、220円、240円の3区分だった運賃を一律230円にする。

 京田辺市を中心とする地域は、利用距離によって160~440円の運賃を200~280円の4区分に見直す。21年度からは200円の区間を230円に組み入れ、3区分とする。

【 2019年03月11日 19時30分 】

ニュース写真

  • 京阪ばす
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース