出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ハンナリーズに新スポンサー 8社目、アーキエムズ

社名のロゴが入ったユニホームで記念撮影する京都の内海主将(左)とアーキエムズの村田社長=京都市下京区
社名のロゴが入ったユニホームで記念撮影する京都の内海主将(左)とアーキエムズの村田社長=京都市下京区

 バスケットボール男子Bリーグ1部の京都ハンナリーズは22日、ホテル開発などのアーキエムズ(同市中京区)とメジャースポンサー契約を結んだと発表した。締結日は20日。チームのメジャースポンサーは計8社となった。

 同社のグループ会社でホテル部門を担う「ジャパニング」のロゴをユニホームの胸に入れ、23日の試合から選手が着る。契約期間や金額は非公開。

 アーキエムズの村田雅明社長と、チームを運営するスポーツコミュニケーションKYOTOの高田典彦社長、内海慎吾主将が京都市内で会見。村田社長は「日本のバスケットの発祥の地、京都のチームでメジャースポンサーに就任でき、心からうれしい」とあいさつした。

 滋賀レイクスターズも22日、オウミ住宅(草津市)とオフィシャルパートナー契約を結んだと発表した。

【 2019年03月22日 23時10分 】

ニュース写真

  • 社名のロゴが入ったユニホームで記念撮影する京都の内海主将(左)とアーキエムズの村田社長=京都市下京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース