出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

宇治茶レディ5月デビュー 5人決定「全国でもっと身近に」

本年度の宇治茶レディに選ばれた(左から)橋口さん、橋本さん、松岡さん、河野さん、天坂さん=宇治市宇治・府茶業センター
本年度の宇治茶レディに選ばれた(左から)橋口さん、橋本さん、松岡さん、河野さん、天坂さん=宇治市宇治・府茶業センター

 宇治茶のPRを担う2019年度の「宇治茶レディ」5人がこのほど決まった。八十八夜に当たる来月2日、京都府宇治市内で行われる新茶摘みの催しでデビューする。

 府茶協同組合が毎年募集し、10回目の今回は関西以外に北海道や山口などから計71人の応募があった。書類と面接で宇治茶への思いや知識などを審査。活動の場が増えているため昨年に続き5人選び、グランプリは設けなかった。

 選ばれたのは、フリーアナウンサー天坂真理さん(31)=井手町井手=、立命館大3年河野柚花さん(20)=宇治市平尾台=、京都薬科大4年松岡里奈さん(22)=京都市北区=、ピアノ講師橋口杏美さん(28)=大阪府高槻市=、関西外大3年橋本佳奈さん(20)=宇治市羽拍子町。

 河野さんは「抹茶スイーツが好きで、生まれ育った宇治のために何か貢献できればと思って応募した。全国で宇治茶がもっと身近になるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 5人は1年間、茶に関連するイベントなどで宇治茶をPRするほか、来年の宣伝カレンダーのモデルも務める。

【 2019年04月19日 13時42分 】

ニュース写真

  • 本年度の宇治茶レディに選ばれた(左から)橋口さん、橋本さん、松岡さん、河野さん、天坂さん=宇治市宇治・府茶業センター
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース