出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

王将も脱プラ、国内全店でプラのストローやスプーン廃止へ

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは18日、プラスチック製のストローやスプーンを国内の全店舗で、7月1日から順次廃止すると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染問題に対応し、生分解性素材で代替する。

 対象は国内直営・フランチャイズの全729店舗。これまでは持ち帰り用に、プラスチック製のストローとスプーンを利用していたが、植物由来の樹脂でできたストローと、この樹脂を25%以上配合したスプーンにする。各店舗のプラスチック製品の在庫がなくなり次第、切り替える。

 同社は「まずは廃棄が前提のストローとスプーンの素材を見直した。今後も環境保全への取り組みを積極的に進めたい」としている。

【 2019年06月18日 18時07分 】

    地域のニュース