出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

空からジンベエザメがやって来た パラグライダー感謝祭

ジンベエザメのアート作品とともに飛来したパラグライダー(京都府亀岡市千歳町・パラパーク京都)
ジンベエザメのアート作品とともに飛来したパラグライダー(京都府亀岡市千歳町・パラパーク京都)

 京都府亀岡市などで活動する「バーズパラグライダースクール」は28日、同市千歳町にある着陸場のパラパーク京都で地元感謝祭を催した。動物などをかたどったアート作品の数々がパラグライダーとともに飛来し、観客たちの目を楽しませた。

 毎年恒例のイベントで、今年は市内のパラアート作家らが手がけた10機が登場。国際大会で最優秀賞を獲得した「麒麟(きりん)」や、全長約6メートルのジンベエザメなど、迫力ある作品を背負った操縦士が次々と離陸場を飛び立った。

 空中散歩を楽しんでいるかのような動物たちの姿を写真に収めようと、来場者は熱心にカメラを向けた。着陸後には作品を間近で見ることもでき、細部にまでこだわったデザインに感嘆していた。

 安詳小1年の男児(7)は「クラゲがぐるぐる回りながら落ちてくるのがすごかった」と喜んでいた。

【 2019年07月29日 10時42分 】

ニュース写真

  • ジンベエザメのアート作品とともに飛来したパラグライダー(京都府亀岡市千歳町・パラパーク京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース