出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

細川幽斎知って ゆかりの京都・舞鶴に大型パネル

西駅交流センターに設置された細川幽斎を紹介するパネル(舞鶴市伊佐津)
西駅交流センターに設置された細川幽斎を紹介するパネル(舞鶴市伊佐津)

 京都府舞鶴市ゆかりの戦国武将細川幽斎を多くの人に知ってもらおうと、同市伊佐津の西駅交流センターにこのほど、大型パネルがお目見えした。武将や文化人、領主など多彩な「顔」で知られた幽斎を紹介している。無料。

 幽斎の盟友、明智光秀が主人公のNHK大河ドラマが来年放映されるのにちなみ、観光客らにPRしようと市が設置した。パネルは6枚で、それぞれ縦横2・4メートル。

 武人としての幽斎を紹介するパネルでは、関ケ原の戦い直前にあった田辺城(現在の舞鶴公園、同市南田辺)での籠城戦をはじめ、同時代の武将らとの関係、様式美と機能を備えた幽斎の甲冑(かっちゅう)について、図や写真も交えて解説している。

 また、海に近く湿地だった田辺城周辺に、真水を引き込む「御水道」や港湾、河川を整備し、職人や役人、僧侶を居住させるなどなど、幽斎のまちづくりが今の西舞鶴地域の基盤となっていることも解説している。

【 2019年08月16日 12時00分 】

ニュース写真

  • 西駅交流センターに設置された細川幽斎を紹介するパネル(舞鶴市伊佐津)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース