出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

市道の愛称決めて 京都・南丹市、園部藩立藩400年で募集

南丹市が愛称を募集している園部城跡前を通る市道(南丹市園部町小桜町)
南丹市が愛称を募集している園部城跡前を通る市道(南丹市園部町小桜町)

 園部藩立藩400年を記念し、京都府南丹市は園部町の園部城跡前などを通る道路2路線の愛称を初めて募集している。愛称は灯籠などで掲示して、城下町をPRしていく。

 園部藩が誕生して400年の今年、市は記念イベントや展覧会を企画しており、その一環。

 愛称を募集する道路は、小桜町の園部城跡に立つ園部高や市役所、市立文化博物館の前を通る市道上本町佛大線と、藩主が崇敬した美園町の生身天満宮前を通る市道本町平成台線。いずれも1・2キロ。採用された愛称は北桑田高(京都市右京区)が製作している木製灯籠などで、道路に掲示していく。

 愛称は市の検討委員会で地域との関連性などを踏まえて選考する。応募者の市内在住・在勤、年齢は問わず、未発表作品に限る。

 市道路河川課は「愛称で道路やまちへの愛着を深めてほしい」としている。募集は28日まで。同課0771(68)0051。

【 2019年08月18日 09時08分 】

ニュース写真

  • 南丹市が愛称を募集している園部城跡前を通る市道(南丹市園部町小桜町)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース