出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大丸撤退のラクト山科に無印良品 3フロア、11月オープン

ラクト山科ショッピングセンターに出店する「無印良品」の食品売り場のイメージ図
ラクト山科ショッピングセンターに出店する「無印良品」の食品売り場のイメージ図

 京都市の第三セクター京都シティ開発(山科区)と京阪グループの京阪流通システムズ(大阪市)は22日、山科区でリニューアルする商業施設「ラクト山科ショッピングセンター」のテナント店舗として「無印良品」の出店が決定したと発表した。11月1日にオープンする。

 今年3月末で撤退した大丸山科店の後継として、良品計画が運営する「無印良品」が3フロア全て(計3900平方メートル)に出店する。地下1階では、生鮮などを含む食の大型専門売り場を展開。ベーカリーや菓子、総菜など地元の生産者と原材料にこだわった商品を提供する。1、2階には衣料品や雑貨を中心に配置し、家族連れや通勤通学客の取り込みを狙う。

 京都シティ開発と京阪流通システムズは「百貨店に代わる核テナントとして山科エリアのにぎわい創出を目指す」としている。

【 2019年08月22日 18時41分 】

ニュース写真

  • ラクト山科ショッピングセンターに出店する「無印良品」の食品売り場のイメージ図
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース