出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

幼保無償化なのに負担増 おかず費で逆転現象 保護者に

給食のおかずを食べる園児。10月から保護者の実費負担となる(京都市中京区・中京みぎわ保育園)
給食のおかずを食べる園児。10月から保護者の実費負担となる(京都市中京区・中京みぎわ保育園)

 10月にスタートする「幼児教育・保育の無償化」に合わせ、新たに実費徴収となる保育園給食の副食(おかず)費に保護者が関心を寄せている。京都府は低所得者向けの独自施策としてすでに国の対象範囲を超える保育料の無償化を実施しており、副食費が実費になれば一部で負担が増える「逆転現象」が生じる恐れがあるためだ。国が示す給食費の目安が「高すぎる」との指摘もあり、保護者の負担を減らす仕組みづくりが求められる。

 保育園や認定こども園では、ごはんやパンなどの主食費は保護者の実費負担としているが、副食費は保育料に含まれている。国は10月から副食費も実費対象とするが、低所得者の負担軽減策として、年収360万円未満の世帯は免除とする方針。

 だが、京都府は市町村と連携し、年収640万円未満の世帯の第3子以降については、すでに保育料を無償化している。副食費が実費となれば、10月以降はその分、保護者の負担が増える。京都市や宇治市などの市町村からは財政措置の要望があり、京都府は対応を検討している。

 給食費は原則として原材料費のみで、調理員の人件費や光熱水費などは含まれない。厚生労働省は独自の算定方法で給食費の目安を月額7500円(主食費3千円、副食費4500円)としているが、厚労省が7月に公表した全国調査では、平均5423円(主食費703円、副食費4720円)と乖離がある。

 各園が設定している給食費には「実態に合わず高すぎる」との指摘もある。

 京都市内でも市立保育所は主食費が1100円だが、民間園では2千円前後が多く、中には3千円を超える園もある。3500円に設定している民間園の園長は「きちんと原価計算はしている。そんなに豪華な食材は使っていないつもりだが…」と話す。別の園長は「昔から2千円に設定しているが、根拠は分からない」と漏らした。

 中京みぎわ園(中京区)は主食費を500円にし、10月以降は副食費を4千円に抑える意向だ。塩谷索園長は「各園で実費をきちんと計算すれば、少なくとも主食費は抑えられるはず。保護者の負担を減らすために園も努力すべき」と訴える。

【 2019年08月24日 15時04分 】

ニュース写真

  • 給食のおかずを食べる園児。10月から保護者の実費負担となる(京都市中京区・中京みぎわ保育園)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース