出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

脊髄損傷のデザイナー、作品続々 京都、「人の喜びが原動力」

あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)
あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)

 脊髄損傷のために入院中の男性が、名刺などの印刷物のデザイナーとして活躍している。肩から下が不自由なためほぼ寝たきりだが、病床にパソコンを設置してあごでマウスを操作、受け取った人に喜ばれるデザインを次々と生み出している。

 野瀬時貞さん(20)=京都市東山区。小学生のころから鳴滝総合支援学校(京都市右京区)に在籍、6年生の時に脊髄損傷と診断された。高等部3年の時に実習で訪れた伏見区の就労支援事業所「福祉工房P&P」で印刷物作成の現場に刺激を受け、デザイナーを志すように。入院が必要なため通所型の就労支援事業所の利用は難しく、支援学校卒業後の2015年4月からは、P&Pのスタッフが手弁当で月に3回、入院先の宇多野病院(右京区)を訪れてはパソコンを使ったデザインやアニメーション作成を指導している。

 現在、より高度な技術を学ぶ傍ら、P&Pの専属デザイナーとして工房の仕事を請け負う。さらに、主治医や支援学校の教員には自ら営業活動を行って名刺の受注にも成功。似顔絵を描いてほしいといった細かな注文もマウスを駆使して応じている。

 顧客や工房スタッフらの反応からデザイン力の向上も実感しているといい、野瀬さんは「自分の仕事で誰かが喜んでくれることが、次の仕事に向かう原動力になっている。今後はキャラクターデザインを極めたい」と話す。

 ボランティアで携わるP&Pの岡村俊裕事務長は「府のアビリンピック(障害者技能競技大会)で2度にわたって銀賞を受賞するなどすばらしい才能の持ち主。今後はもっと複雑な仕事も積極的にお願いしたい」と期待を寄せている。

【 2017年09月09日 17時00分 】

ニュース写真

  • あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ザルツの南野、途中出場でゴール
      サッカーCL最終予選へ

      20180815000032

       サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦は14日、各地でホームアンドアウェ..... [ 記事へ ]

      経済

      日ペルー、TPP早期発効へ連携
      リマで外相会談

      20180815000020

       【リマ共同】河野太郎外相は14日、ペルーの首都リマでポポリシオ外相と会談し、日本とペル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪快6千発の花火、夜空彩る 京都南丹市花火大会

      20180815000039

       京都南丹市花火大会が14日、同市八木町の大堰橋一帯で開かれた。昨年よりも約1千発多い約..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      放課後児童や独居高齢者の「なかよし食堂」 京都・福知山

      20180814000040

       放課後に1人で過ごす子どもや独居の高齢者らの居場所を作ろうと、京都府福知山市のNPO法..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      米聖職者、未成年千人を虐待
      50年代から、組織的隠蔽も

      20180815000021

       【ニューヨーク共同】米東部ペンシルベニア州の司法当局は14日、同州でカトリック聖職者少..... [ 記事へ ]