出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

森保監督「全身全霊で」
東京五輪のサッカー男子

 就任記者会見をする、2020年東京五輪サッカー男子日本代表の森保一監督=30日午後、東京都文京区
 就任記者会見をする、2020年東京五輪サッカー男子日本代表の森保一監督=30日午後、東京都文京区

 2020年東京五輪でサッカー男子の日本代表を率いる森保一監督(49)が30日、東京都内で就任記者会見に臨み、「重責だが全身全霊で五輪に向かっていきたい。メダルを獲得できるように頑張っていく」と抱負を語った。五輪の男子は原則23歳以下で争い、自国開催の日本は1968年メキシコ大会以来、52年ぶりのメダル獲得を狙う。

 長崎県出身の森保監督は現役時代、広島、仙台などでMFとして活躍。日本代表でもプレーし、ワールドカップ(W杯)初出場を目前で逃す93年の「ドーハの悲劇」を経験した。指導者としては12年から監督を務めた広島で3度J1を制した。

【 2017年10月30日 13時06分 】

ニュース写真

  •  就任記者会見をする、2020年東京五輪サッカー男子日本代表の森保一監督=30日午後、東京都文京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース