出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ロゴはエンブレム野老氏に依頼
五輪直前の文化プログラム

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、同年4月から大会直前にかけて行う文化プログラムのロゴを、大会エンブレムの作者、野老朝雄氏に依頼することを決めた。一連のイベントを「東京2020 Nippon フェスティバル」と銘打ち、政府や東京都、都外の自治体とも連携して全国的な盛り上げを図る。

 12年ロンドン大会では約300のプログラムが実施された。組織委は、来日する外国人に日本の魅力を発信するイベントや、聖火リレーに合わせた全国各地での催しなどを想定しており、五輪開会式の2年前にあたる来年の7月24日に、ロゴや計画概要を公表する方針。

【 2017年10月30日 19時56分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース