出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日体大にビーチバレーのコート
五輪合宿誘致に意欲

 日体大の健志台キャンパスに新設されたビーチバレーコートでプレーする学生ら=1日午後、横浜市青葉区
 日体大の健志台キャンパスに新設されたビーチバレーコートでプレーする学生ら=1日午後、横浜市青葉区

 横浜市の日体大健志台キャンパスで1日、新設されたビーチバレーコートの竣工式が行われ、日体大OBで日本ビーチバレーボール連盟の川合俊一会長は「東京五輪に向けて強化の拠点が必要。素晴らしい選手と指導者を育成してほしい」とあいさつした。

 横浜市から土地を購入し、約1億3500万円かけてつくられた。日体大大学院2年で国際大会に出場する草野歩は、これまでは川崎市などのコートで練習していたが「自分たちのタイミングで練習できる」と歓迎した。

 具志堅幸司学長は「キャンプ地として受け入れる態勢を整えていきたい」と話し、2020年東京五輪の事前合宿誘致に意欲を示した。

【 2017年11月01日 18時21分 】

ニュース写真

  •  日体大の健志台キャンパスに新設されたビーチバレーコートでプレーする学生ら=1日午後、横浜市青葉区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース