出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

賞味期限直前、食品売れる? 京都市が社会実験

食品ロス削減に向けた社会実験が始まった食品スーパーで品定めする買い物客(京都市右京区・フレンドマート梅津店)
食品ロス削減に向けた社会実験が始まった食品スーパーで品定めする買い物客(京都市右京区・フレンドマート梅津店)

 京都市は1日、従来は店頭から撤去している賞味期限切れ直前の加工食品が、売れるかどうかを試す社会実験を市内スーパー5店舗で始めた。食べられるのに捨てられている「食品ロス」を減らす狙いで、約1カ月間取り組み、削減効果を検証する。

 スーパー大手の平和堂とイズミヤが協力し、売れ残りによる廃棄が生じやすい日用的な加工食品のうち、計15品目を対象に行う。過ぎたら食べない方が良い「消費期限」に対し、「賞味期限」はおいしく食べられる期限。実験では商習慣で、賞味期限の前日か前々日までに商品棚から撤去しているのを、当日や前日まで販売期限を延ばす。

 平和堂のフレンドマート梅津店(右京区)では、食パン、あげ、豆腐、納豆の4品目で、販売期限の延長を開始。商品棚には、社会実験の説明文を掲示しているが、これらの品目は、賞味期限切れ前の値引き品と同じように並べられ、買い物かごに入れてゆく来店者がいた。

 対象の品目を購入した近くの主婦、廉隅きぬ子さん(74)は「賞味期限は期限切れ直前でも十分に食べられる。捨ててしまうにはもったいない、という思いに共感している」と話した。

 市は期間中、販売期限の延長に関し、業者に実施状況や、市民に許容できる期限を聞くアンケートも予定している。

【 2017年11月01日 22時50分 】

ニュース写真

  • 食品ロス削減に向けた社会実験が始まった食品スーパーで品定めする買い物客(京都市右京区・フレンドマート梅津店)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小雨の闇夜に炎舞う 京都で「花背の松上げ」

      20180815000213

       闇夜に炎が舞う「花背の松上げ」が15日夜、京都市左京区花背八桝町で行われた。小雨が降る..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]