出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

20年へ、パラ選手発掘合宿
中学生から30代の22人参加

 パラリンピックの選手発掘プロジェクトで、あいさつするスポーツ庁の鈴木大地長官=4日、東京都世田谷区
 パラリンピックの選手発掘プロジェクトで、あいさつするスポーツ庁の鈴木大地長官=4日、東京都世田谷区

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて全国の有望選手を発掘する「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」の最終選考合宿が4日、東京都内で行われ、パラリンピック競技では中学生から30代までの22人が実技と面談に臨んだ。

 日本パラリンピック委員会の高橋秀文副委員長は「パラの方は選手数が不足している。東京大会まであと1025日もあるので、皆さんに大いに期待している」と訴え、鈴木大地スポーツ庁長官も「夢をかなえてほしい」と激励した。

 パラリンピック競技はボッチャ、水泳、車いすフェンシング、パワーリフティング、自転車が対象となる。

【 2017年11月04日 18時16分 】

ニュース写真

  •  パラリンピックの選手発掘プロジェクトで、あいさつするスポーツ庁の鈴木大地長官=4日、東京都世田谷区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース