出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

松江で鳥インフル陽性
簡易検査、コブハクチョウ

 環境省は6日、松江市の宍道湖のほとりで見つかったコブハクチョウ1羽の死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。高病原性かどうかを調べる確定検査が、鳥取大で数日かけて行われる。高病原性と確定すれば今シーズン初めての発生確認となる。

 環境省によると、5日に回収した死骸を県が簡易検査し、陽性反応が出た。同日、回収場所の周辺10キロで野鳥の監視強化を始めた。

【 2017年11月06日 11時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      テニス錦織が準々決勝へ
      マゼル・オープン

      20180920000004

       【メッス(フランス)共同】男子テニスのマゼル・オープンは19日、フランスのメッスで行わ..... [ 記事へ ]

      経済

      ローム、120種類の新マイコン 安全性能をトップクラスに

      20180920000029

       ロームは、家電や産業機器などのシステムの中枢として機能する16ビットマイコンで、安全性..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      青春の終わり、生々しく 映画「きみの鳥はうたえる」22日から

      20180919000115

       夏が終わり、季節の移ろう今にぴったりの映画が「きみの鳥はうたえる」だろう。20代半ばの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]

      国際

      豪で市販のイチゴに針混入相次ぐ
      不安拡大、店頭から撤去

      20180919000131

       【シドニー共同】オーストラリアで市販のイチゴから縫い針が見つかるケースが相次ぎ、消費者..... [ 記事へ ]