出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ボランティアのユニホーム発表
平昌五輪、赤とグレー

 お披露目された平昌冬季五輪・パラリンピックでボランティアが着用するユニホーム=6日、ソウル(共同)
 お披露目された平昌冬季五輪・パラリンピックでボランティアが着用するユニホーム=6日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】2018年平昌冬季五輪・パラリンピックでボランティアが着用するユニホームが6日、発表された。大会スローガンの「情熱」をイメージした赤とグレーを組み合わせたデザイン。ソウルで開かれたお披露目のイベントでは集まったボランティアを前に、大会組織委員会の李熙範会長が「皆さんは大会の顔で、果たす役割は大きい。熱い情熱を持って大会を成功させましょう」と呼びかけた。

 五輪とパラリンピックのボランティアには国外の145カ国・地域と韓国国内から9万人以上の申し込みがあり、約2万人が選ばれた。うち約1万3500人が五輪を担当する。

【 2017年11月06日 18時26分 】

ニュース写真

  •  お披露目された平昌冬季五輪・パラリンピックでボランティアが着用するユニホーム=6日、ソウル(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース