出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「華包」の魅力、キャラや動画で発信 京都の華道家らが活動

華包の魅力を伝えるイメージキャラクター「はなつつみちゃん」
華包の魅力を伝えるイメージキャラクター「はなつつみちゃん」

 江戸時代の伝書に残る「華包(はなつつみ)」の魅力を伝えようと、イメージキャラクターや動画制作が進められている。京都の若手華道家の活動をアパレルメーカーが支援、「子どもにも外国人にも理解してもらえるように」と、年内にインターネット上で発信していく。

 華包は、季節の花材をそれぞれに応じた和紙の色の組み合わせ、折り方で包む。かつては献花や供花に用いられたという。こうした文化を現代に復活させようと2014年秋、伝書を受け継ぐいけばなの流派・遠州の芦田一春宗家継承者を中心に、華道家4人が流派を超えた「京都華包研究会」を発足。20年の東京オリンピック・パラリンピックでの花束贈呈などへの活用を目指している。

 今夏、京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」がデザインした和紙を使った華包の企画があった。ブランドを展開するアパレルメーカー、若林(京都市中京区)の若林剛之社長が、同研究会の活動を知り、自社で子ども向けに制作する歳時記や伝承遊びの動画シリーズの一環として、華包の映像化を提案した。

 キャラクターは、動画を手がけてきたアトリエ・シエスタが制作。「お花が大好きで、いつも季節のお花をめでている」というコンセプトで、両手で梅の華包を抱えた「はなつつみちゃん」が誕生した。今後、15センチほどの人形に仕立て、シンガー・サウンドロゴソング・ライターの原田博行さんが作る♪凛(りん)とした優雅さで想(おも)いを届ける華包―の歌に合わせた1分程度の動画に仕上げる予定だ。10月末に開かれた打ち合わせでは、同研究会同人の笹岡隆甫・未生流笹岡家元に、花の扱いや包み方などを確認、絵コンテの修正を進めた。

 若林社長は「伝統的なものは格があってとっつきにくいと思われがちだが、触れると楽しさも分かる。そのきっかけづくりになれば」と話している。同社や同研究会のホームページで公開する。

【 2017年11月08日 17時42分 】

ニュース写真

  • 華包の魅力を伝えるイメージキャラクター「はなつつみちゃん」
  • 「はなつつみちゃん」の動画について打ち合わせするメンバー(京都市中京区のSOU・SOUプレスルーム)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      吉田選手がレスリング教室、千葉
      東京五輪向けPR

      20180922000047

       五輪3連覇の吉田沙保里選手(35)が講師を務めるレスリング競技の体験会が22日、千葉県..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の旅「ロボホン」がガイド タクシーで観光地巡り

      20180922000020

       タクシー会社のエムケイ(京都市南区)やJTBなどは、シャープ製のモバイル型ロボット「R..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      江戸から昭和のガラス多彩 滋賀・黒壁で企画展

      20180922000035

       江戸末期から昭和のガラス食器や装飾品を展示した「暮らしに寄り添う日本のガラス器展」が滋..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げへ準備
      宇宙ステーションに物資輸送

      20180922000043

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ..... [ 記事へ ]

      国際

      中国がドミニカに大使館開設
      5月に台湾と断交

      20180922000019

       【リオデジャネイロ共同】5月に台湾と断交し、中国と外交関係を結んだカリブ海のドミニカ共..... [ 記事へ ]