出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パラIH日本、平昌へ始動
来年1月、長野で国際試合

 合宿で実戦形式の練習をするパラアイスホッケー日本代表=長野県岡谷市
 合宿で実戦形式の練習をするパラアイスホッケー日本代表=長野県岡谷市

 来年3月の平昌冬季パラリンピックに出場するパラアイスホッケー日本代表の合宿が10日、長野県岡谷市のやまびこスケートの森アイスアリーナで始まった。出場権を獲得した10月の最終予選後、初めての集合で須藤悟主将(北海道ベアーズ)は「動きはまだまだ。パスやレシーブ、基本的なことをこの数カ月で磨いていきたい」と決意を述べた。

 選手はミニゲームで連係を確認したほか、体力強化のためウエートトレーニングでも汗を流した。

 日本代表は来年1月、長野市で平昌大会に出場する韓国、ノルウェー、チェコとの国際試合を行う予定。その後の欧州遠征を経て、2大会ぶりの舞台に臨む。

【 2017年11月10日 16時41分 】

ニュース写真

  •  合宿で実戦形式の練習をするパラアイスホッケー日本代表=長野県岡谷市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース