出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

銀貨と称し現金出品、差額は高金利 メルカリ貸し付け

 インターネット上で個人同士が物品を売買するスマートフォンの人気アプリ「メルカリ」を悪用し、違法な高金利で現金を貸し付けたとして、京都府警生活経済課と田辺署などは16日、出資法違反(超高金利など)の疑いで、奈良県安堵町東安堵、無職の女(40)と、広島県呉市音戸町藤脇3丁目、配達業の男(57)を逮捕した。

 メルカリを巡っては、出品された紙幣が額面以上で取引されるなどし、違法性が指摘されていた。同容疑で逮捕者が出るのは初めて。

 女の逮捕容疑は昨年11月~今年4月、メルカリ上で商品売買を装い、京都府亀岡市のアルバイト男性(26)ら男女3人に計32万円を貸し付け、法定限度額を超える利息計8万円を受け取った疑い。男は昨年9月~今年5月、男女3人に計44万円を貸し付け、法定限度額を超える利息計6万円を受け取った疑い。

 府警によると、2人はメルカリ上に「銀貨」などの隠語を用いて1万円札などの紙幣を出品し、額面以上の値段で販売。顧客に携帯電話のキャリア決済を使って購入させた後に、紙幣を発送していた。府警は、顧客が実際に受け取った紙幣と購入額の差額が金利に当たると判断した。

 携帯電話のキャリア決済は、インターネットで購入した代金を電話料金などと合算して後払いする仕組み。同決済を使えば、顧客はすぐに現金を手に入れられるメリットがある。

 府警の説明では、2人は同様の手口で、昨年7月以降、それぞれ約40~80人に計約350~560万円を貸し付けていたという。

 ■千葉、秋田でも逮捕

 千葉、秋田両県警は16日、「メルカリ」を利用して現金を売買し、法定金利を超える利息を受け取ったとして出資法違反の疑いで、千葉県成田市の契約社員の男(33)ら2人を逮捕した。

【 2017年11月16日 16時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース