出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

性の学習会、多様な学び育む 京都の助産院、300回の節目

300回を迎えた「のびの会」で、スタート当時の思い出を振り返る左古さん(京都市伏見区・あゆみ助産院)
300回を迎えた「のびの会」で、スタート当時の思い出を振り返る左古さん(京都市伏見区・あゆみ助産院)

 性と生のことを自由に語り合おうと、京都市伏見区の「あゆみ助産院」が月1度のペースで開いている学習会「のびの会」が今月、300回の節目を迎えた。1991年の開始以来、思春期や夫婦関係、死など多様なテーマを取り上げ続け、多様な世代の学びの場となっている。

 のびの会は、あゆみ助産院を運営する助産師左古かず子さん(71)の「命が生まれる場所でこそ性の学習会を」との強い思いで始まった。自由に自分の考えを語れることや発言内容を責めないことなど、最低限のルールに触れなければ誰でも参加できることから、出産後間もない父母や子どもが成人した人まで毎回多彩なメンバーが集っている。

 長く参加する人も多く、会の世話役を務めるあん摩マッサージ指圧師の徳廣直子さん(45)=京田辺市=は、現在高校2年の長女が生まれる前から通い続ける。「自分が少しずつ変わっていくのを実感するのと同時に、毎回新鮮な気持ちになれる」と徳廣さん。何度参加しても飽きることはないという。

 今月18日には300回を記念した特別例会「私とのびの会」があり、過去に通っていた人など全国から約30人がお祝いにかけつけた。「自分の生き方を自分で考える力をつけてくれた」「自分と他者の命を大切にすることを学ぶ場」など、それぞれが会に引かれた理由や心情を吐露。左古さんは「のびの会は、私が死ぬまで続けたい」と話した後、「子どもが生まれた時から、体のことを真剣に話し合える家庭を築く努力をしてほしい」と開設時からの思いをあらためて語った。

 次回は12月7日に「パートナーとの関係」をテーマに開く。問い合わせはあゆみ助産院075(643)2163。

【 2017年11月22日 11時18分 】

ニュース写真

  • 300回を迎えた「のびの会」で、スタート当時の思い出を振り返る左古さん(京都市伏見区・あゆみ助産院)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小雨の闇夜に炎舞う 京都で「花背の松上げ」

      20180815000213

       闇夜に炎が舞う「花背の松上げ」が15日夜、京都市左京区花背八桝町で行われた。小雨が降る..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]