出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

原発自主避難の辛さ、原告ら吐露 京都で支援集会

京都避難者訴訟の争点について説明する田辺弁護士(京都市中京区・京都社会福祉会館)
京都避難者訴訟の争点について説明する田辺弁護士(京都市中京区・京都社会福祉会館)

 東京電力福島第1原発事故を巡る京都の原発避難者訴訟の支援集会が3日、京都市中京区の京都社会福祉会館であった。原告3人が避難生活の辛苦を訴えたほか、原告弁護団事務局長の田辺保雄弁護士が京都訴訟で争点となっている自主避難の相当性などについて説明した。

 京都避難者訴訟は57世帯174人が、東電と国に約8億4660万円の損害賠償を求めており、今年結審した。先行して判決があった群馬や前橋地裁などでの集団訴訟とは異なり、原告の大半が避難指示区域外からの自主避難者なのが特徴。判決は来年3月15日に言い渡される。

 仙台市から京都市に家族で避難した原告女性(45)は支援者約40人を前に、「低線量被ばくの危険性はまだ解明されていない」とし、「子どもを汚染の可能性が低い場所で育てたいと考えるのは当たり前」と訴えた。さらに「国が説明しないから、自主避難者が周囲の人から理解を得られず、神経質な人間とされて孤立する」とつらさを語った。

 田辺弁護士は、国が避難指示基準とした年間被ばく線量限度20ミリシーベルトに対し、事故以前の国内法は1ミリシーベルトであり、「被災地の国民だけが『容認不可』とされる線量を強いられる訳にはいかない」と述べた。

 また、来年1月27日に東京都で催される全国の集団訴訟の総決起集会で、全国支援ネットワークを結成し、全国の原告団の統一要求を決めることも明らかにした。

【 2017年12月03日 22時40分 】

ニュース写真

  • 京都避難者訴訟の争点について説明する田辺弁護士(京都市中京区・京都社会福祉会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小雨の闇夜に炎舞う 京都で「花背の松上げ」

      20180815000213

       闇夜に炎が舞う「花背の松上げ」が15日夜、京都市左京区花背八桝町で行われた。小雨が降る..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]