出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

サッカーU―20、北朝鮮に快勝
森保監督、初白星

 日本―北朝鮮 後半、自身2点目のゴールを決める上田(中央)=ブリラム(共同)
 日本―北朝鮮 後半、自身2点目のゴールを決める上田(中央)=ブリラム(共同)

 【ブリラム(タイ)共同】サッカーの国際親善大会、M―150カップは11日、タイのブリラムで行われ、1次リーグA組第2戦でU―20(20歳以下)日本代表はU―23(23歳以下)北朝鮮代表に4―0で快勝した。東京五輪男子代表を率いる森保監督は就任後初勝利。

 第1戦から先発を大幅に入れ替えた日本は立ち上がりに長沼(山形)が先制し、上田(法大)と井上(東京V)も決めて前半を3―0で終えた。後半にも上田が加点した。日本は1勝1敗としてA組2位以内が確定。13日のタイと北朝鮮の結果により、15日の決勝か3位決定戦に進む。

【 2017年12月11日 20時26分 】

ニュース写真

  •  日本―北朝鮮 後半、自身2点目のゴールを決める上田(中央)=ブリラム(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース