出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

平均寿命、男性1位は初の滋賀
15年、女性は2回連続長野

 平均寿命が最も長い都道府県は、男性が滋賀の81・78歳、女性は長野の87・675歳であることが13日、厚生労働省が発表した「2015年都道府県別生命表」で分かった。都道府県別生命表は出生や死亡に関する統計データを基に5年ごとに作成され、今回が11回目。前回2位の滋賀は初のトップとなり、長野は2回連続。最下位は、男女とも青森(男性78・67歳、女性85・93歳)だった。

 前回の10年に比べ、男女とも全ての都道府県で平均寿命が延びた。

 男性の2位は、前回まで5回連続で1位だった長野(81・75歳)。滋賀は女性も前回の12位から4位となり長寿ぶりを印象付けた。

【 2017年12月13日 17時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース