出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

羽生結弦、ぶっつけ本番で五輪へ
ジャンプ抜きで氷上練習再開

 羽生結弦
 羽生結弦

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は24日、右足首故障からの復活を目指す2014年ソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)が来年2月の平昌五輪にぶっつけで臨む見通しであることを明らかにした。1月の四大陸選手権(台北)には出場意思がなかったそうで、既にジャンプ抜きの氷上練習を再開しているという。

 小林強化部長は最終選考会の全日本選手権を欠場した羽生を五輪代表に選出したことに「(五輪から)逆算して間に合うと信じた」と語り、昨季の世界選手権優勝などの実績を重視した。「日本のエースとして若い選手を引っ張っていってほしい」と期待もした。

【 2017年12月25日 11時06分 】

ニュース写真

  •  羽生結弦
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース