出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

スピード男子長谷川ら五輪確実に
平昌代表選考会、女子郷が初入り

 女子500メートル 滑走する小平奈緒=エムウエーブ
 女子500メートル 滑走する小平奈緒=エムウエーブ

 スピードスケートの平昌冬季五輪代表選考会は27日、長野市エムウエーブで開幕し、男子500メートルは長谷川翼(日本電産サンキョー)が34秒60の国内最高記録で1位となり、34秒680で2位の山中大地(電算)、34秒683で3位だった加藤条治(博慈会)とともに代表入りを確実とした。

 女子500メートルは37秒40の2位に入った郷亜里砂(イヨテツク)が初の五輪代表入り確実。既に代表に決まっていた小平奈緒(相沢病院)が37秒13の国内最高記録で1位となり神谷衣理那(高堂建設)が3位、辻麻希(開西病院)が4位だった。

【 2017年12月27日 16時01分 】

ニュース写真

  •  女子500メートル 滑走する小平奈緒=エムウエーブ
  •  男子500メートルの表彰式で笑顔の(左から)2位の山中大地、1位の長谷川翼、3位の加藤条治=エムウエーブ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース