出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

SC軽井沢クが地元で五輪壮行会
両角友「最高の成果を」

 平昌冬季五輪へ向けた壮行会で、写真撮影に応じるSC軽井沢クのメンバーら=27日、長野県軽井沢町
 平昌冬季五輪へ向けた壮行会で、写真撮影に応じるSC軽井沢クのメンバーら=27日、長野県軽井沢町

 カーリングの平昌冬季五輪男子代表、SC軽井沢クの壮行会が27日、地元の長野県軽井沢町で開かれ、スキップ両角友が「五輪まで一日一日を大事にしてパフォーマンスを上げ、最高の成果を出したい」と集まった支援者、関係者ら約300人を前にあいさつした。

 日本男子は1998年長野五輪以来20年ぶりの出場で、自力での出場権獲得は初めて。セカンド山口は「前回ソチ五輪の世界最終予選で悔しい思いをしたが、この4年間、チームを信じてやってきた」と声を震わせた。

 リード両角公は「1投目を大事に決めてチームに勢いをつけたい」と述べた。

【 2017年12月27日 21時06分 】

ニュース写真

  •  平昌冬季五輪へ向けた壮行会で、写真撮影に応じるSC軽井沢クのメンバーら=27日、長野県軽井沢町
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース