出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

小田、国内最高で初の五輪を確実
スピードスケートの代表選考会

 男子1500メートル 滑走する小田卓朗。奥はウイリアムソン師円=エムウエーブ
 男子1500メートル 滑走する小田卓朗。奥はウイリアムソン師円=エムウエーブ

 スピードスケートの平昌冬季五輪代表選考会第3日は29日、長野市エムウエーブで行われ、男子1500メートルで25歳の小田卓朗(開発計画研究所)が1分45秒91の国内最高記録で1位となり、初の五輪出場を確実にした。ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が2位、中村奨太(ロジネットジャパン)が3位だった。

 女子1500メートルは既に代表に決まっていた高木美帆(日体大助手)が国内最高の1分54秒82で制し、2位の小平奈緒(相沢病院)は500メートル、1000メートルに続く代表権を確実にした。菊池彩花(富士急)が3位だった。

【 2017年12月29日 16時11分 】

ニュース写真

  •  男子1500メートル 滑走する小田卓朗。奥はウイリアムソン師円=エムウエーブ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース