出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

虐待受けた子に一時保護所新設 滋賀県「安全確保したい」

 滋賀県は、親から虐待を受けた子どもらをかくまう一時保護所を、大津・高島子ども家庭相談センター(児童相談所、大津市におの浜4丁目)の近隣に2019年4月に新たに開設する。県内には草津市と彦根市の2カ所しかなく、虐待などの相談が増える中、一時保護の受け皿が不足していた。県は「保護できないケースを解消できる」としている。

 大津市のセンター近くにある社会福祉法人の休業施設の一部を無償で借り、18年度に改修工事をして生活設備を整える。定員は15人で、草津と彦根のセンターの一時保護所と合わせて、47人に対応可能になる。現在は大津市、高島市からの一時保護は草津で担っている。

 一時保護は、虐待や親の経済困窮、病気などを理由に行政が子どもを一時的に引き取る。期間は自宅に戻るか児童養護施設で暮らすかが決定するまでだが、近年は親との話し合いが難航したりして、1人当たりの平均入所日数が長くなっているという。

 県が受けた虐待や養育の相談は16年度が2654件で、08年度から約2倍に増えたが、逆に一時保護は16年度が280件で、同じ期間で3割減った。保護施設が不足する中、入所が長期化して空きが少ないためと見られる。このため、虐待のリスクが高い場合を除き、受け入れを抑制することがあるという。

 児童養護施設に保護を委託することもあるが、センター職員が迅速に対応できず、保護所の増設が必要と判断した。県子ども・青少年局は「安全の確保に向けて環境を改善したい」としている。

【 2018年01月19日 09時04分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾の蔡総統、NASAを見学
      米政府厚遇に中国反発も

      20180820000082

       【台北共同】外遊中の台湾の蔡英文総統は、経由地の米南部テキサス州でNASAジョンソン宇..... [ 記事へ ]