出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

道の駅仮設店舗が違法 滋賀・妹子の郷、台風被害の復旧中

大津市が建築確認を申請せず、撤去が決まった道の駅の仮店舗(同市和邇中・妹子の郷)
大津市が建築確認を申請せず、撤去が決まった道の駅の仮店舗(同市和邇中・妹子の郷)

 大津市が管理する道の駅「妹子の郷」(同市和邇中)で台風被害から復旧中の仮設店舗が、建築基準法に違反していることが2日、分かった。市が本来必要な建築確認申請を怠っていた。市は「仮設なら建築確認は不要と誤認していた。反省している」として、今月中旬に撤去する。

 市によると、仮設店舗はプレハブ製の平屋(約60平方メートル)。建築基準法で10平方メートルを超える場合に必要な建築確認申請をしていなかったという。

 市の説明では、昨年10月の台風21号で、妹子の郷の店舗施設の屋根がめくれ上がる被害を受けた。このため、市の指定管理を受けた事業者が、市と協議した上で仮設店舗を設置した。

 事業者は昨年12月23日から週3日、営業を再開。今年1月、建物を見た市の担当者が「想定より大きかった」として、建築確認を担う市の別部署に確認し、違法状態が判明した。

 建築確認は管理者の市が申請する必要がある。市の担当部署は「台風の緊急対応で早くしないといけないと思っていた」としている。

 仮設店舗の撤去後は移動販売車などで営業を継続する。施設の再オープンは4月になる予定。

 妹子の郷は湖西道路の和邇インターチェンジに隣接し、2015年に開業。地元の農産物や菓子などの販売所が人気で、16年には約80万人が訪れた。

【 2018年02月03日 09時11分 】

ニュース写真

  • 大津市が建築確認を申請せず、撤去が決まった道の駅の仮店舗(同市和邇中・妹子の郷)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バスケ買春「非常に残念」
      OCA会長、処分は評価

      20180820000197

       【ジャカルタ共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)のアハマド会長は20日、ジャカル..... [ 記事へ ]

      経済

      シドニーで和牛商談会
      豪向け輸出17年ぶり再開

      20180820000147

       【シドニー共同】オーストラリア向けの生鮮牛肉の輸出が17年ぶりに再開されたことを受け、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      サウジ、メッカ大巡礼が最高潮
      信者200万人集結

      20180820000196

       【カイロ共同】イスラム教最大の聖地、サウジアラビア西部メッカへの大巡礼(ハッジ)が20..... [ 記事へ ]