出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ボルダリング新施設、京都・美山に設置「五輪目指して」

懸命にボルダリングに挑戦する子ども(南丹市美山町・大野虹の湖交流センター)
懸命にボルダリングに挑戦する子ども(南丹市美山町・大野虹の湖交流センター)

 東京オリンピックの正式種目に採用されたのを機にボルダリングの人気が高まる中、京都府南丹市美山町の大野振興会は、大野虹の湖交流センター体育館にボルダリングウオールを新設した。子どもから大人まで幅広い年齢層が気軽に楽しめる競技とあって、同振興会は「多くの人たちに利用してもらい、交流の輪が大きく広がれば」と期待している。

 交流センターは廃校になった旧大野小の建物を活用する。地元のサークル活動やアイドルグループ、アーティストの合宿場所などとしても利用されている。さらに利用度を高めようと、全国的に注目されているボルダリングの施設も整備した。

 専用ウオール(合板製)は幅4・7メートル、高さ3・8メートル。振興会の役員がウオールの色塗りと突起するホールドの取り付けを行った。今月中旬のお披露目会では子どもたちに人気を集めたほか、年配の人も挑戦して「体力的にまだまだできる」と自信をよみがえらせる人もいたという。

 山口恒一会長(66)は「子どもたちがボルダリングに興味を持つきっかけになればと思う。本格的な施設ができる地元の北桑田高に進学して、オリンピックを目指してほしい」と夢を膨らませる。

 平日午前9時半から午後5時まで誰でも利用できる。1人1時間400円(体育館使用料)。南丹市民は割引がある。中学生以下は保護者の同伴が必要で、5歳以下は利用不可。申し込みは大野振興会0771(75)9110。

【 2018年02月04日 13時00分 】

ニュース写真

  • 懸命にボルダリングに挑戦する子ども(南丹市美山町・大野虹の湖交流センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本男子は初勝利
      バスケットボール・16日

      20180816000218

       バスケットボール男子の1次リーグC組で前回の2014年仁川大会銅メダルの日本はカタール..... [ 記事へ ]

      経済

      エアアジア、欧米便に意欲
      日本発着の国際線強化も

      20180816000157

       マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大文字から点火、故人しのぶ 京都で「五山送り火」

      20180816000186

       お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が16日夜、京都市内の各山で営まれた。午後8時..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖固有種に海水魚の特徴 イサザ、脂肪酸多く低温適応か

      20180816000134

       ハゼ科の魚で琵琶湖固有種のイサザは、海水魚に特徴的な脂肪酸を多く持つ-。そんな研究成果..... [ 記事へ ]

      国際

      インドのバジパイ元首相が死去
      98年に核実験を実施

      20180816000213

       【ニューデリー共同】インドメディアによると、同国が1998年に核実験を実施した際に首相..... [ 記事へ ]