出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

白票水増し、忍者衣装を自粛 滋賀・甲賀市

忍者装束の姿で仕事をする職員ら(2015年2月、甲賀市役所水口庁舎)
忍者装束の姿で仕事をする職員ら(2015年2月、甲賀市役所水口庁舎)

 滋賀県甲賀市選挙管理委員会の衆院選での白票水増し問題を受け、同市は14日、「忍者の日」(2月22日)に合わせて予定していた職員の忍者衣装での業務を自粛すると発表した。

 甲賀忍者をPRしようと2015年から一部の職員が忍者姿で業務。観光推進担当に加えて、17年には広報や窓口担当の職員も衣装をまとった。

 今年も19~23日に着用を予定していたが、市観光企画推進課は「大きな不祥事で、市民の皆さんにいろいろな思いがあることを考慮した」という。市内小中学校への忍者給食提供などは例年通り実施する。

【 2018年02月14日 20時26分 】

ニュース写真

  • 忍者装束の姿で仕事をする職員ら(2015年2月、甲賀市役所水口庁舎)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース