出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀知事選、事実上の与野党相乗り 自民県連が三日月氏支援

 任期満了に伴う6月の滋賀県知事選で、自民党県連は25日、独自候補は擁立せず、再選を目指す三日月大造知事(46)を支援する方針を決定した。具体的な支援の在り方は今後検討するが、民進党県議らでつくる地域政党チームしががすでに三日月氏支援を決めており、事実上の「与野党相乗り」となる公算だ。

 共産党などで構成する「明るい滋賀県政をつくる会」は対立候補擁立に向けて人選を進めている。公明党や社民党に候補者を立てる動きはなく、2002年知事選以来の「共産対非共産」の対決構図となる見通し。

 自民県連は大津市で開いた役員会・選挙対策委員会の合同会議で、三日月氏の支援を確認した。20日の県議会代表質問で、国が計画する大戸川ダム(大津市)について滋賀など4府県知事が建設「凍結」を求めた08年合意の撤回を迫った県議会決議に対し、三日月氏が「必要な見直しができるよう努める」と答弁したことなどを評価した。

 会議後、県連の上野賢一郎会長は「三日月氏の評価は全体としては及第点。(嘉田由紀子前知事と比べ)国や県内市町との関係が格段に改善された。治水や経済、教育など懸念していた政策もおおむね一致する」と支援する理由を述べた。

 会議では独自候補を求める意見も一部で出た。事実上の「相乗り」となることについて、上野会長は「党本部からは地域の事情に応じて判断してほしい、と言われている。いろんな意見はあるが、党員や支援団体に丁寧に経緯を説明することが必要」と述べた。

 三日月氏知事は取材に対し「国政与党から一緒にやろうと言ってもらえれば、こんなに心強いことはない。県議会ともよく相談し、県民党を体現できる選挙にしたい」と話した。

【 2018年02月25日 23時59分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大相撲、白鵬「自分にご褒美を」
      秋場所で全勝Vと幕内千勝

      20180924000050

       大相撲秋場所で5場所ぶり41度目の優勝を果たし、前人未到の幕内千勝も達成した横綱白鵬が..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      道の駅グルメ、王者決めるグランプリ 京都で祭典始まる

      20180924000023

       全国の道の駅グルメの祭典「道-1グランプリ2018」が23日、京都府京丹後市弥栄町の道..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      廃校にフリースクール開設へ 京都、不登校の子ら対象

      20180924000044

       京都府南丹市八木町の旧吉富小で、学習塾を運営する会社が10月からフリースクール「吉富D..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮外相がNYへ出発
      終戦宣言、制裁緩和訴え

      20180924000046

       【平壌、北京共同】北朝鮮の李容浩外相が24日、ニューヨークでの国連総会出席のため平壌を..... [ 記事へ ]