出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東京五輪演出の山崎氏、平昌視察
「定型崩し日本らしさを」

 インタビューに答える山崎貴氏
 インタビューに答える山崎貴氏

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出を手掛けるチームのメンバーで「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる映画監督の山崎貴氏(53)が27日、平昌冬季五輪の視察を終えて東京都内でインタビューに応じ、東京大会への教訓として「今ある定型のパターンを崩しながら、日本らしさを伝えたい」と語った。

 ―現地で五輪の開閉会式を視察した印象は。

 「非常にまとまっていたが、どこか当たり障りのない感じで驚きはなかった。フォーマットに合わせて用意された演出。そこは少し違う手を使っていかないといけない」

 ―観客との一体感は。

 「小太鼓が配られていたが、意外と使われていなかった。お客さんも一緒に巻き込み、やれるのが一番いい。現場の参加感というかライブ感。心理学的なことを勉強しないといけない気がした」

 ―小型無人機ドローンを使った演出や人の顔をした鳥の像も話題に。

 「意外なところで人は反応する。例えば上半身裸で入場行進したトンガの選手とか。現場とテレビで見ている人たちの感覚を一致させることも注力しないといけない」

 ―東京大会は五輪、パラリンピックの開閉会式を一連の4部作と捉え、起承転結のストーリーを考える役割も担う。

 「全体のうねりの中で大きな物語の流れをつくることを要求されている。難しいが、工夫のしがいはある。『サムライ・フジヤマ・ゲイシャ』ではない日本らしさが全編に通っていればいい」

 ―リオデジャネイロ大会の引き継ぎ式はユーモアを交えて好評だった。

 「あれは8分間の演出に格好良さ、新しさ、面白さが全部凝縮されていた。今の日本ってこんな感じなんだな、と見えた気がして。そこにヒントがあるような気がする」

【 2018年02月27日 18時36分 】

ニュース写真

  •  インタビューに答える山崎貴氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バスケ、渡辺「やっと始まった」
      NBAへキャンプ始まる

      20180926000039

       【メンフィス(米テネシー州)共同】米プロバスケットボールNBAのグリズリーズと、下部リ..... [ 記事へ ]

      経済

      日米欧、WTO改革提案へ
      中国にらみ来月にも

      20180926000028

       【ニューヨーク共同】日米と欧州連合(EU)は25日午後(日本時間26日未明)、米ニュー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      4千万円の「デザイナーズトイレ」完成 京都・宝が池公園

      20180926000032

       京都市左京区の宝が池公園に、新しい公衆トイレができた。以前のトイレは手狭で老朽化してい..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]

      国際

      米韓演習中止で即応性低下と証言
      次期司令官、北朝鮮は脅威

      20180926000018

       【ワシントン共同】次期在韓米軍司令官に指名されたロバート・エイブラムス陸軍大将は25日..... [ 記事へ ]