出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都歩いて健康づくりアプリ 太秦萌などキャラ表示

スタンプラリーに登場する「太秦萌」(左)などのキャラクター
スタンプラリーに登場する「太秦萌」(左)などのキャラクター

 京都市は、市民にまち歩きに親しんでもらい、健康づくりを後押しするスマートフォン向けの「健康長寿のまち・京都いきいきアプリ」の運用を始めた。電子上のスタンプを押すスポットを2千カ所設定し、実際に訪れた場所でスマホ画面に市バス・地下鉄の「太秦萌」など75種類のキャラクターを表示させる仕組み。長続きするようにグループで楽しめる工夫も施した。

 スタンプスポットは「立て札」と呼び、グーグルマップに市内の観光やまちづくりのデータを落とし込んで設定した。立て札は、中京区の二条城などの世界遺産や文化芸術施設、市営地下鉄の駅、石碑や地蔵などで表示した。利用者の状況に合わせて、未訪問なら赤色、訪問済みなら青色で示す。

 キャラクターは、利用者が立て札を選ぶ操作によって無作為で現れ、スマホのカメラで実際にその場にいるような写真を撮影することができる。

 スタンプスポットを5カ所巡り、アプリで紹介する健康や文化関連イベントに参加した利用者にはポイントを付与する。50ポイント以上たまった利用者には協賛企業の提供品を抽選で贈る。

 アプリは市ホームページから配信している。今年1月からの1年間で、アプリ取得人数1万人を目指す。門川大作市長は「高齢社会が本格化する中、楽しみながら健康づくりに取りかかるきっかけにしてほしい」と話している。

【 2018年03月02日 17時00分 】

ニュース写真

  • スタンプラリーに登場する「太秦萌」(左)などのキャラクター
  • 京都市がスマホ向けに運用を始めた「健康長寿のまち・京都いきいきアプリ」の画面
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、長谷部リーグ戦初出場
      ドイツ1部

      20180924000010

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで、アイントラハト・フランク..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      正恩氏、大同江の水質に懸念示す
      ソウル市長に

      20180923000119

       【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、平壌を流れる大同江の水質に懸念を示して..... [ 記事へ ]