出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「ポケット憲法」京都の識者ら発刊 全文や歴史掲載

研究者や弁護士が発刊した「ポケット憲法」
研究者や弁護士が発刊した「ポケット憲法」

 京都大の岡田知弘教授ら学識者や弁護士5人が、現憲法や大日本帝国憲法を載せた手のひらサイズの「ポケット憲法」を発刊、普及させる取り組みを始めた。安倍晋三首相が年内の国会発議を視野に入れるなど改憲が現実味を帯びる中、「まずは憲法を手に取って知ることから始めて、自ら考える一助にしてほしい」と話す。

 呼び掛け人は、代表を務める岡田教授と、龍谷大の奥野恒久教授、京都大の高山佳奈子教授、ともに京都弁護士会所属の中村和雄弁護士と尾藤廣喜弁護士。

 憲法を議論する際に気軽に取り出して使えるようにと、ポケット憲法には現憲法と大日本帝国憲法の全文と、1947年に文部省(当時)が出した「あたらしい憲法のはなし」の抜粋を載せた。絵本作家いわさきちひろさんのイラストを添えた。1冊100円程度のカンパを募る。

 このほどサイト「手のひらに憲法プロジェクト」を立ち上げた。ポケット憲法の内容のほか、自由民権運動家の植木枝盛が起草した「東洋大日本国国憲案」なども紹介して憲法の源流を考える。会員制交流サイト(SNS)を使い、取り組みを全国に広げる。

 京都では、府知事を7期務めて革新府政を築いた故蜷川虎三氏の発案で府が65年にポケット憲法を作成。77年まで発刊し、その後も労働組合などが配布し、全国に広がった歴史がある。

 今回の発刊では、明治憲法から何が変わったのかを知ることで改憲論議のたたき台にする狙いから、大日本帝国憲法も含めた。岡田教授は「改憲論議は抽象論や感情論に陥りがち。憲法の全体像を理解した上で個々の条文改正を考えるべきであり、そのための素材を提供したい」と話す。ポケット憲法の冊子の希望者は、同プロジェクトのメール(info@pocketkenpo.com)か電話075(211)1161で申し込む。

【 2018年03月03日 19時40分 】

ニュース写真

  • 研究者や弁護士が発刊した「ポケット憲法」
  • 「ポケット憲法」の発刊について説明する岡田教授(右から2人目)ら呼び掛け人=京都市上京区・京都府庁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本女子が2連勝
      ハンドボール・16日

      20180816000154

       女子の1次リーグB組で日本は香港を41―13で下して2連勝となった。藤田(ドルトムント..... [ 記事へ ]

      経済

      エアアジア、欧米便に意欲
      日本発着の国際線強化も

      20180816000157

       マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      純粋な少年、熱量込め描く アニメ「ペンギン・ハイウェイ」

      20180815000059

       ■京都精華大出身・石田祐康さん監督 少年のひと夏の不思議な体験を描いたアニメ映画「ペン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖固有種に海水魚の特徴 イサザ、脂肪酸多く低温適応か

      20180816000134

       ハゼ科の魚で琵琶湖固有種のイサザは、海水魚に特徴的な脂肪酸を多く持つ-。そんな研究成果..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリア高架橋崩落を専門家予見
      3万カ所が老朽化で危険

      20180816000140

       【ローマ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出たことに関..... [ 記事へ ]