出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

即完売、障害者施設の高級食パン 京都産バターと塩使用

オーブンから出した「京の旨」の焼き上がりを確かめる今井さん(京都市左京区・飛鳥井ワークセンター)
オーブンから出した「京の旨」の焼き上がりを確かめる今井さん(京都市左京区・飛鳥井ワークセンター)

 京都市左京区の障害者施設「飛鳥井ワークセンター」が、京都府内産の希少なバターと塩をふんだんに使った高級食パンを新たに開発した。1斤660円とかなり高額で販売日も不定期だが、店頭に並べば即完売の人気ぶり。センターでは「積み重ねてきた技術を糧に全力で取り組みたい」としている。

 飛鳥井ワークセンターは1996年の開設以来、製パン事業に取り組む。作ったパンはセンターと同じビルの1階にあるスーパー内の店舗で販売していて、地域の店として定着している。食パンの味をさらに改良しようと、職員らが昨年9月以降、試作を重ねてきた。

 完成した食パン「京の旨(うまみ)」は、昨年11月に府内の障害者施設を対象に行われたパンのコンテスト「ベーカリーあすのKyotoカップ」食卓パン部門でグランプリを受賞。京丹後市産のジャージー牛バターと塩を使用するなど材料に徹底的にこだわったほか、湯で溶いた米粉をパン生地に混ぜる製法でもちもちした食感を実現した。

 材料が希少なため定期的に製造するのは難しく、現在は販売の数日前に店頭で告知して売り出している。従来の食パン(1斤230円)に比べてもかなり高額だが、2回ほど売り出した際にはいずれも数時間で完売した。

 開発に携わった職員の今井浩貴さん(32)は、バターや塩を作る現場を見学した際に「これほど丁寧に作られている材料を用いて、自分たちもよりよいパンを届けたい」との思いを抱いたといい、「パンを通して僕らの気持ちがお客さんに伝われば」と話している。

 1回の販売量は15斤程度で、次回の販売日は6日。問い合わせは左京区田中飛鳥井町のワークセンター075(722)5991。

【 2018年03月06日 12時52分 】

ニュース写真

  • オーブンから出した「京の旨」の焼き上がりを確かめる今井さん(京都市左京区・飛鳥井ワークセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      元大リーグ長谷川氏、母校でアドバイス 前向き姿勢大切さ伝える

      20180919000190

       米大リーグで投手として活躍し、現在はオリックスのシニアアドバイザーを務める長谷川滋利氏..... [ 記事へ ]

      経済

      先端機器開発へ島津製がラボ 関西学研都市、AIを駆使

      20180919000198

       島津製作所は19日、関西文化学術研究都市の基盤技術研究所(京都府精華町)内に、新たな研..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      青春の終わり、生々しく 映画「きみの鳥はうたえる」22日から

      20180919000115

       夏が終わり、季節の移ろう今にぴったりの映画が「きみの鳥はうたえる」だろう。20代半ばの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]

      国際

      豪で市販のイチゴに針混入相次ぐ
      不安拡大、店頭から撤去

      20180919000131

       【シドニー共同】オーストラリアで市販のイチゴから縫い針が見つかるケースが相次ぎ、消費者..... [ 記事へ ]