出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・百万遍交差点でこたつ囲む 悪ふざけか、府警捜査

 京都市左京区の百万遍交差点で2月、若い男女数人がこたつを置いて居座り、車の走行を妨害していたことが8日、下鴨署への取材で分かった。同署は、交通事故を招きかねない危険な行為だとして、道交法違反(禁止行為)の疑いで捜査している。

 同署によると、2月25日午後5時ごろ、少なくとも男女4人が、交差点の中央付近に鍋を載せたこたつを設置し、10分以上にわたって居座った。

 通報を受けた署員が駆け付けて注意したところ、男女はリヤカーにこたつを積み込み、近くの京都大吉田キャンパス構内に立ち去った。翌26日夜にも同様の通報があったといい、同署は京大生による悪ふざけの可能性もあるとみて調べる。

【 2018年03月08日 20時29分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース